[Documentation] [TitleIndex] [WordIndex

(!) Please ask about problems and questions regarding this tutorial on answers.ros.org. Don't forget to include in your question the link to this page, the versions of your OS & ROS, and also add appropriate tags.

turtlebotによるSLAMを用いた地図作成

Description: gmappingを利用して地図を作成する方法

Tutorial Level: BEGINNER

Next Tutorial: Autonomous Navigation of a Known Map with TurtleBot

ここでは, TurtleBotがturtlebotの起動に関するチュートリアルにおいて, 既に起動済みの状態であることを前提としています. ja/turtlebot_navigationに提供されているナビゲーションの初期パラメータはほとんどの場合において適切であるはずですが, しかし, もしそうでない場合, ナビゲーション設定に関するチュートリアルを確認してください.

Createを使用している場合, turtlebotのオドメトリとキャリブレーションを参照して 正確なキャリブレーションを行うことにより, パフォーマンスが大幅に改善されるでしょう. Kobukiは工場出荷状態でキャリブレーション済みのジャイロが搭載されており, 余計なキャリブレーションは不要であることに注意してください.

gmappingアプリの起動

TurtleBot上の作業

ロボットの起動

gmappingデモアプリの実行

ワークステーション上の作業

ここではワークステーションにROSが入れてあり, ROS_MASTER_URIがTurtleBotに設定されていることを前提としています. この前に, Workstationのインストールネットワークの構成設定を読みましょう.

# Groovyより前
rosrun rviz rviz -d `rospack find turtlebot_navigation`/nav_rviz.vcg
# Groovy以降
roslaunch turtlebot_rviz_launchers view_navigation.launch

TurtleBot上での作業

TurtleBotをいずれかの方法で操縦します:

rosrun map_server map_saver -f /tmp/my_map

注:地図を保存するまでgmappingを終了しないようにしましょう.

地図作成プロセスの動画

rviz上でこのように表示されます:

地図の更新をロボットの機動と合わせてRVizで表示するには, Mapの左下のサイドパネルにある, mapを見るTopicとして設定し, さらに, ROS_MASTER_URITurtlebotに設定します.

次に


2019-10-19 12:48